高齢化する社会の中で需要が高まる介護関係の資格まとめ

これさえあれば介護業界で引っ張りだこ?

まずは挑戦してみよう!介護関連の資格

日本は高齢者が多いと言われ、たくさんの施設が立地しています。メディアでは「超高齢者社会」と言われる事もありますが、実際のところどのくらいの比率なのでしょうか?
調べたところ、65歳以上の高齢者が全人口の7%を超えた時点で、高齢化社会となります。日本は1970年代にはすでに突入しているので、早くから高齢化社会になっていた事が分かります。高齢者の割合が14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢者社会となります。若干言葉がわかりにくいですが、比率によってカテゴライズされているのがわかります。
ちなみに日本では2015年時点で26%を超えていて、今後さらに高齢者が増えると予想されています。この数字は世界でも類を見ない進行の速さで、様々な対策が必要になるでしょう。確かに数年前から高齢者を対象にしたサービスが増えています。介護業界はもちろんですが商業施設でも高齢者専用のサービスを提供する、または製品自体も高齢者用のものが輩出しています。
そんな日本では今後、介護業界が更に重要視される可能性が高く介護資格は持っていて損はしないといわれています。しかし介護資格といっても多くの種類がありますので、これから修得を検討している方は何を参考にして良いか分からないケースもあります。
ここでは今後需要が高くなる可能性のある資格をビギナー向け、または上級資格に分けて説明しています。業界に入らずとも親御さんの介護のために資格修得される方も増えています。

TOPへ戻る