高齢化する社会の中で需要が高まる介護関係の資格まとめ

これさえあれば介護業界で引っ張りだこ?

>

これさえあれば介護のプロフェッショナル!

プラン作成や相談受付が出来る

介護と言えば高齢者や障害者をサポートするイメージがありますが、ケアマネージャーの資格で生活支援は出来ません。「それじゃあ意味がない」と考える方もいるでしょう。
このケアマネージャーの資格は、サポートが必要な人達にどのような介護保険制度やサポートを利用すればよいのかアドバイスができます。当人はもちろんですが、その家族にもアドバイスや助言が出来るので、間接的ではありますが介護業界に深く関わっている事になります。
但しこの資格は介護に関する知識だけではなく保険制度や法律も熟知する必要があり、難易度も高めです。
合格率は15%となり、受講期間は2ヶ月からで講座費用は2万円ほどです。受験資格は実務経験が5年以上且つ、国家資格保有者、あるいは相談支援業務に従事している必要があります。

社会的にも必要とされている資格

今回紹介する資格は社会福祉士といって、介護業界だけではなく学校や家庭とのトラブルにも寄り添えるのでとても重宝されています。
この資格は介護職員初任者研修の様に、日常生活を送るのが困難な方のサポートをするのはもちろんですが相談にのり、指導をする事もできます。また児童への施設紹介や育児指導、これらの施設の情報提供が出来るので、介護だけではなく人同士のトラブルによるエキスパートだといえます。
この資格を習得すれば医療機関や保健施設、介護施設、就労関連施設といった様々な分野で活躍出来るのも特徴の一つです。受験資格は福祉系の大学を卒業、あるいは実務経験を2年以上積んでいる必要があります。
講座費用は5万円程度で、受講期間は7ヶ月からです。


TOPへ戻る